ヤマハのスポーツヘリテージモデル・XSR900がフルモデルチェンジ、2022年モデルとして6月30日より発売される。

XSR900は「歴代のヤマハレーシングマシンに備わる、常に人間中心の思想でデザインされた造形と先進技術によるモダンな走行性能を備え、所有する悦びや跨った時の高揚感、人機一体で乗る楽しさを提供」するモデル。
新型はヤマハレーシングヘリテージを反映した新スタイルを採用しているのが特徴。

1980年代のレーシングマシンが有する機能美にならい、足つきやニーグリップ時のフィット感を考慮したフューエルタンクやサイドカバーなど、走行時も停車時もライダーにとって一体感ある形状としている。

CP3(クロスプレーン・コンセプトの3気筒)エンジンは排気量が845cm3から888cm3へとアップ。
最新の鋳造技術を駆使した軽量新フレームと軽量ホイールも採用、直進安定性に貢献し、軽快かつ安定感ある走りを実現するなど、動力性能での進化も果たす。

また、基本性能を維持しつつ、センサー構成を見直すことで50%の小型化、40%の軽量化を図ったIMU(Inertial Measurement Unit)を搭載、車両挙動のきめ細かな制御を支える。

車体色はいずれも新色となるブルーメタリックC(ブルー)、ブラックメタリックX(ブラック)を用意。メーカー希望小売価格は1,210,000円。

XSR900
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xsr900/

関連記事

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王

~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。