スズキのファクトリーチームである「ヨシムラSERT(Suzuki Endurance Racing Team) Motul」がディフェンディングチャンピオンとして挑むFIM 世界耐久選手権(EWC)の2022年シーズン。
市販車両をベースとしたマシンで争われ、真夏の祭典・鈴鹿8耐といったレースでも知られる同シリーズの開幕戦「ル・マン24時間耐久レース」が4月16・17日、フランスのブガッティサーキットで3年振りに有観客で開催された。

予選2番手からスタートしたヨシムラSERTのシルバン・ギュントーリ/グレッグ・ブラック/ザビエル・シメオン組GSX-R1000Rは安定した天候の中、24時間をトップチェッカー。
接戦を繰り広げた YART(ヤマハ)に1分45秒582差をつけ、昨年のル・マンに続き2年連続優勝となった。

1周目から果敢に攻めた同チームは、巧みなピット作業とチームワークでトラブルを乗り越えながら9時間経過時点で再びトップに立ち、その後は一度もトップを譲ることなく840周を走り切った。

EWCの今後の予定は
●第2戦・スパ24時間(ベルギー):6月4・5日
●第3戦・鈴鹿8時間(日本):8月7日
●第4戦・ボルドール24時間(フランス):9月17・18日

となっている。

加藤陽平チームディレクターのコメント
ヨシムラSERT Motulはスズキファクトリーチームとして2年目のシーズン開幕戦をこの様な勝利でスタートすることができました。
そしてチーム全体のパフォーマンスを高い次元で維持することができ、大変満足しています。

昨年の勝利と同じグレッグ、ザビエル、シルバンという素晴らしいトリオのライダーラインアップとチームスタッフが全力で戦い、再びル・マン24時間を制することができました。
ここに至るまで日本でも昨年一年間を費やし、今シーズンに備えてきた甲斐がありました。
この後に続くシリーズもヨシムラとスズキ、そしてフランスのSERTとの連携をより強化しながら戦っていきたいと思います」

筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王

~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。