ロードサービスでも知られているJAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、自動車だけでなくバイク(大型二輪・普通二輪・小型二輪・原付)の救援・搬送にも対応。会員ならロードサービスがほとんど無料で受けられ、利用回数の制限もなく24時間365日、路上はもちろん、駐車場や自宅ガレージ全国どこへでも駆けつけてくれる。

そんなJAFが レッカー車で二輪車をけん引できるアタッチメントを開発、全国で順次運用する。

現行のレッカー車で倒れやすいバイクをけん引することは構造的に難しく、 バイクを運ぶためには積載車などで現場に行く必要があった。バイクを運ぶことができる積載車・多目的車の合計は209台。そのため、トラブル発生時に対応可能なサービスカー手配のため現場への到着には時間がかかっていた。

今回開発された二輪アタッチメントを装着することで、 レッカー車でバイクを運べなかった問題を解決。構造的安全性が担保された装置の開発は日本初で、四輪車のみけん引可能なレッカー装置に装着し、今までけん引ができなかったバイクを安全に運ぶことを可能とした。

積み込み可能な車両は原付(50cc)~ 大型バイク(1300cc程度)、 ホイールベースで1145mm~1700mmの範囲としている。参考までに、ホイールベースはDio(50cc)で1145mm、スカイウェイブ(250cc)は1600mm、CB1300SF(1300cc)は1520mm。

アタッチメントを装着できるレッカー車が追加されることで、バイクを運ぶことができる車両は合計523台となり、ツーリングや外出先でトラブルに遭遇しても今までよりも早く対応できるようになる。

JAFのロードサービス
https://jaf.or.jp/common/about-road-service/contents/bike

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王

~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。