スズキがフルカウルのストリートバイク・GSX-S1000Fを一新し、10月より世界各国で順次販売を開始する新型「GSX-S1000GT」は、全く新しいコンセプトで生まれたスポーツツアラー。スーパースポーツバイクのDNAを受け継ぎながら、日常での扱いやすさと長距離走行での快適性や高速安定性を追求するなど、ツーリング性能を高めている仕上がりが特徴だ。

長距離ツーリングにおける疲労低減のため、浮動式ハンドルやラバー付きフットレスト、専用グラブバーを採用、ライダーとタンデムライダーに伝わるバイクからの振動を軽減。ライディングポジションはハンドルバーの幅が広げされ、ハンドル位置をライダー側に近づけることで、よりツーリングに適したアップライトなものに。さらに空力性能を追求したスクリーンや専用設計のシートを採用することでライダーの快適性を向上させた。

3つの出力特性を選択でき、トラクションコントロールシステム、クラッチレバーを操作しなくてもシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステム、クルーズコントロールシステムなどを搭載する電子制御システム・S.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)や、スズキ初となるスマートフォン連携機能付の大画面フルカラーTFT液晶メーターなどを採用。スタイルはツアラーらしい堂々とした佇まいのなかにも軽快なスポーツ性能を感じられる、シャープでのびやかなラインを使ったデザインに。

水冷直列4気筒999cm3 エンジンは低速域からでも使いやすいスムーズなトルク特性としながらも、高揚感ある加速性能を実現。排ガス規制「ユーロ5」に対応(欧州仕様車)しながら、最高出力の向上も果たす。

新型「GSX-S1000GT」の主要諸元 (欧州仕様)
全長:2,140mm
全幅:825mm
全高:1,215mm
ホイールベース:1,460mm
装備重量:226kg
エンジン型式:999cm3水冷4サイクル直列4気筒DOHC
最高出力:112kW/11,000rpm
最大トルク:106N・m/9,250rpm
燃料タンク容量:19.0L

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。