ヤマハWGP参戦60周年記念カラーが施されたYZF-R1(WSBK仕様)

ヤマハモーターヨーロッパは1961年5月のフランスGP初参戦から今年で世界グランプリ(WGP)参戦60周年を迎えたことを記念し、3月のカタールMotoGP公式テスト、全日本ロードレース選手権・JSB1000クラスに続き、スーパーバイク世界選手権(WSBK)第9戦カタルニア大会(スペイン)、世界耐久選手権(EWC)第3戦ボルドール24時間耐久レース(フランス)に白と赤の伝統カラーを施したマシンで参戦。

WSBKでは「Pata Yamaha with Brixx WorldSBK」と「GRT Yamaha WorldSBK Team」が、EWCでは「YART Yamaha Official EWC Team」が記念カラーのYZF-R1で出走する他、ライダーが着用する装具などにも特別なカラーリングを施し、スタッフも同様に白と赤のチームウェアを着用している。

尚、欧州ではR1を筆頭とするYZF-Rシリーズの市販車にもWGP60周年記念カラーを施したモデルが発表されている。

アンドレア・ドソーリ(ヤマハ・モーター・ヨーロッパ ロード・レーシング・マネージャー)のコメント 「ヤマハは 60 年間にわたり、ロードレース世界選手権の中心的存在であり続けました。私たちはこの輝かしい歴史を非常に誇らしく思っています。ヤマハはこれまでに多くのライダーと数々の成功をおさめ、レース活動をレース界の隅々にまで拡大してきました。これらのことを私たちは、とても懐かしく振り返ることができます。白と赤のカラーリングは、すべてがはじまった1961年のフランス GP に挑んだ先人たちに敬意を表するものであり、現在のYZF-R1で再現されるのを楽しみにしています。この場を借りて、ここまで支えてくれたすべての方々に感謝いたします。ありがとうございました」

ヤマハWGP参戦60周年スペシャルサイト
https://global.yamaha-motor.com/jp/race/wgp-60th/

ヤマハWGP参戦60周年記念カラーが施されたYZF-R1(EWC仕様)

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。