バイクブームに沸いた1980年代に峠やレースを題材とし、そのリアルな描写で多くのファンから熱狂的な支持を集めた週刊少年マガジン連載のコミック「バリバリ伝説」(作:しげの秀一)。そんなバリ伝の主人公である高校生ライダー・巨摩 郡(こまぐん)の愛車「ホンダCB750F」を、オートアートが1/12スケールのコミック仕様として忠実にモデル化した。

3Dスキャニングによって実車の正確なボディ形状を再現、膨大なコミックの資料検証はもちろん、実車やチューニングパーツなどの多くの情報も収集。キャンディレッドのボディカラーやグラデーション・ストライプ、ライトやウィンカーのレンズカット、裏コムスターホイール、タイヤパターンの再現をはじめ、セパレートハンドル、3パーツ構成のバックミラー、フロントスタビライザー、モリワキ集合管など、細部まで徹底的にリアルさにこだわった仕上がりに。ヘアライン仕上げのブレーキディスク、
レザーシートの質感も見どころだ。サスペンション、サイドスタンド、ステップ可動。同スケール・ヘルメット「グンヘル」付属。

価格は22,000円(税込)。2022年4月発売予定で、現在予約受付中。

ゲートウェイ・オートアート・ジャパン
https://autoartmodels-jp.shop/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。