2019年の鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)で26年ぶり2度目の優勝を果たした川崎重工のファクトリーチーム「Kawasaki Racing Team(KRT)」が、11月5日(金)から7日(日)に開催される「2021 FIM世界耐久選手権“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会」へ参戦する。昨年は国内外における新型コロナウイルスの感染拡大状況や各地域での防止対策などを踏まえ大会が中止となったが、KRTは初となる連覇を目指す。チーム名は「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」。

ライダーは前回大会でエースライダーとして優勝に大きく貢献し、スーパーバイク界選手権(WSBK)で前人未到の6連覇を達成したジョナサン・レイ、「Kawasaki Racing Team WorldSBK」では2020年シーズンよりレイのチームメイトとしてWSBKに参戦中で鈴鹿8耐優勝経験もあるアレックス・ロウズ、同じくWSBKに「Kawasaki Puccetti Racing」より参戦中のルカ・マイアスの3人を起用。監督はギム・ロダ、マシンは2021年に登場した新型 Ninja ZX-10RRの鈴鹿8耐仕様となる。

ジョナサン・レイのコメント
「2021年鈴鹿8耐へのカワサキレーシングチーム参戦、そして自分が再びチームに加われることになり、とても興奮しています。鈴鹿8耐では過去4回表彰台に上がりましたが、2019年にカワサキレーシングチームで優勝したことが一番の思い出です。残念ながら2020年の鈴鹿8耐は、新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいました。しかし、今年は鈴鹿に戻ってこれそうです。カワサキとファンの皆さんのために、ベストを尽くすことを約束します。応援よろしくお願いします」

アレックス・ロウズのコメント
「カワサキレーシングチームの一員として、2021年の鈴鹿8耐に参戦できることを大変嬉しく思っています。私は過去に鈴鹿8耐で3回優勝しています。イベントもサーキットも素晴らしく、私のお気に入りです。今年から投入された新型Ninja ZX-10RRも、カワサキの勝利を後押ししてくれるでしょう。この有名なレースに再び参加できることを、とても楽しみにしています。最高のチームと素晴らしいマシンが揃いました。カワサキレーシングチームへの応援をよろしくお願いします」

ルカ・マイアスのコメント
「カワサキレーシングチームの一員として、2021年の鈴鹿8耐に参戦することになり大変嬉しく思います。日本でのレースはいつも特別に感じますし、世界的にも有名な鈴鹿8耐を走れることは、ライダーとして幸せに思います。2020年の新型コロナウイルス感染拡大を乗り越え、鈴鹿に戻ってくることができて本当に嬉しいです。鈴鹿8耐で優勝するため、チームの一員として最高の状態でレースに臨み、全力で走ることをカワサキファンのみなさんに誓います」

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。