2003年4月にレース中のアクシデントで亡くなったMotoGPライダー・加藤大治郎選手が生前に語っていた“子供たちにレースの魅力を伝えたい”という遺志を引き継ぐ形でスタートした企画のひとつとして、FIMロードレース世界選手権MotoGP日本グランプリにおいて2003年に第1回が開催された「大治郎シート」。

その後、加藤選手の幼馴染で2007年に不慮の事故で亡くなったMotoGPライダー・阿部典史選手の愛称を名称に加え、2008年より現在の「ノリック・大治郎シート」としてこれまでに全16回が開催されてきた。

このシートで二輪レースを観戦した子ども達の中には、現在MotoGPのMoto2クラスに参戦している小椋 藍選手をはじめ、英国スーパーバイク選手権に参戦している水野 凉選手など、数多くのライダーが各カテゴリーで目標達成を目指して活躍している選手がいる。

そんな「ノリック・大治郎シート」が、一昨年(2019年)の開催を最後に終了することとなった。

加藤選手の所属していたチーム監督であり、シートの共同発起人でもあるファウスト・グレシーニ氏が今年2月に逝去したこと。そして日本グランプリにおける環境も大きく進化し、ノリック・大治郎シートが掲げた当初の目的も達成したと考え今回、「ノリック・大治郎シート」を終了するに至ったという。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。