ヤマハMAXシリーズの末弟、原付二種スクーター「NMAX ABS」が一新され2021年モデルとして6月28日より発売される。

欧州や日本でコンパクトなシティコミューターとして好評を得ているNMAXの最新モデル、その最大の特徴は、着信通知や燃費管理が可能なスマートフォン用専用アプリにヤマハ国内モデルで初めて対応したこと。「YAMAHA Motorcycle Connect(Y-Connect)」をダウンロードしたスマートフォンとペアリングすることで①電話やメールの着信、スマートフォンの電池残量など、車両側のメーター表示項目の追加②スマートフォン画面でのエンジン回転数表示③オイル・バッテリーのメンテナンス推奨時期のお知らせ④燃費など運転状況把握⑤車両の最終駐車位置確認、を可能としている。

水冷4ストロークSOHC・4バルブ125ccの通称・BLUE COREエンジンは、平成32年排出ガス規制適合化を図りながら、これまでのパワー感はそのままに、リニアで扱いやすい出力特性をさらに向上させたもの。静かなエンジン始動を可能とする始動用モーターとジェネレータ機能の一体化、 アイドリングストップシステム、そしてトラクションコントロールシステムが新採用となる。

ボディカラーは全4色を用意。メーカー希望小売価格は368,500円。

NMAX
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。