ヤマハ発動機は欧米で発売するスーパースポーツの新製品「YZF-R7」を発表した。

「Fun Master of Super Sport」をコンセプトに開発されたYZF-R7は、幅広いライダーから支持を得ているスポーツモデル・MT-07の基本コンポーネントを使用。他YZF-Rシリーズと通ずる最新スーパースポーツのスタイル、スポーティなハンドリングを調和させ、幅広い技量のライダーが“扱いきれるスーパースポーツ”を目指したという。

エンジンは2021年モデルのMT-07と同一仕様の689cc・CP2(クロスプレーン2気筒)を採用。フレームはMT-07と同じ基本骨格に剛性バランスをチューニングしたもの。フロントには接地感に優れる倒立式、リアには専用設計となるサスペンションが備わる。

尚、日本では2021年冬以降の発売を予定している。

米国仕様「YZF-R7」主要仕様諸元
全長×全幅×全高:2,070mm×705mm×1,160mm
シート高:835mm
軸間距離:1,395mm
車両重量:188kg
原動機種類:水冷・4 ストローク・DOHC・4 バルブ
気筒数配列:直列 2 気筒
総排気量:689cm3
内径×行程:80.0mm×68.6mm
圧縮比:11.5:1
最高出力:N/A
最大トルク 67.0N・m(6.8kgf・m)/6,500r/min
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:13L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
タイヤサイズ(前/後):120/70ZR17M/C(58W)/180/55ZR17M/C(73W)

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。