レースでも活躍するスーパースポーツバイク・GSX-R1000のエンジンと車体をストリート向けにチューニングを施し、高揚感ある加速と軽快な走りが楽しめるスズキのストリートバイク「GSX-S1000」がモデルチェンジ。

外観は縦に2灯を配したスズキ二輪車初採用となるモノフォーカスタイプのLEDヘッドライトによるフロントマスク、タンクとシャープなカウルラインとのコントラストを強調したデザインによるアグレッシブなスタイルが特徴。

電子制御スロットルシステムの採用や吸排気系の変更などが行われた999cm3水冷直列4気筒エンジンは、2020年より欧州で新型モデルを対象に導入された新排出ガス規制・ユーロ5に対応させつつ、最高出力を向上。

新たに搭載された電子制御システムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)は、出力特性を3つのモードから選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)や、5段階に選択幅が拡げられたトラクションコントロールシステム、クラッチレバーの操作なしにシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステムなどを採用。扱いやすさによる普段使いとスポーティなライディングを両立している。

尚、新型GSX-S1000は6月より欧州をはじめ世界各国で発売される。

新型GSX-S1000 (欧州仕様)主要諸元
全長:2,115mm
全幅:810mm
全高:1,080mm
ホイールベース:1,460mm
装備重量:214kg
エンジン型式:999cm3水冷4サイクル直列4気筒DOHCエンジン
最高出力:112kW/11,000rpm
最大トルク:106N・m/9,250rpm
燃料タンク容量:19.0L

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。