1999年誕生の初代モデルは超高速スポーツツアラー“メガスポーツ”モデルとして世界中で大ヒット、2007年には2代目へ一新され、2014年には日本国内でも正規モデルとして発売されたスズキのフラッグシップ「Hayabusa (ハヤブサ)」。

13年ぶりのフル・モデルチェンジによる3代目となる新型モデルが日本では4月7日より販売が開始されているが、スズキのインドにおける二輪車生産販売子会社であるスズキ・モーターサイクル・インディア社(SMIPL社)は日本から輸入した部品で組み立てを行い、5月よりインド国内で販売する。同モデルが海外工場で組み立てを行うのは初めて。

SMIPL社ではアクセス125、バーグマンストリート、ジクサーシリーズ、イントルーダーを生産、V-Strom 650の組み立てを行っているが、2016年3月より2代目Hayabusaの組み立てを行っており、新型Hayabusaの組み立てを通じて同社の高い技術力をアピールするとともに、インドにおけるスズキブランドの存在感を高めるという。

新型Hayabusaは初代から続く開発コンセプト「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」を継承し、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能がさらに進化。一目で“ハヤブサ”とわかる流麗なフォルム、大胆な面使いと前傾姿勢でシャープかつエッジの効いたスタイリングなども特徴となっている。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。