イタリアンモーターサイクル、モト・グッツィを代表するモデルのひとつであり、同社100年の歴史の中で最も愛され、成功を収めた「V7」がフルモデルチェンジ。初代モデルの発売から50年以上が経過したV7、新型は先代モデルの特徴であったローマ数字によるIIやIIIといったナンバリングを廃止、一見すると変更点が分かりづらいが、ほぼ全面的に刷新が図られている。

新開発の空冷縦置きVツインエンジンは排気量を853ccにアップ。最大出力は25%増加、最大トルクも3000rpmで80%以上を発生し、低回転域からスムーズに立ち上がり、極めて低い振動で素早く加速するというキャラクターに。ダブルクレードルチューブラーのスチール製フレームは、レイアウトこそそのままに機敏性を損なうことなく 安定性と快適性を向上させるため多くの変更が加えられたもの。ABSとキャンセルおよび調整可能なMGCT (モト・グッツィ トラクションコントロール)システム も標準装備となる。

バリエーションはベーシックモデルとなる「V7 Stone」(税込メーカー希望小売価格1,188,000円) 、「V7 Stone 100周年記念スペシャルエディション」(同1,232,000円)、クラシカルなデザインの「V7 Special」(同1,276,000円)という3タイプをラインナップ。受注受付中で、6月より順次出荷を開始するという。

モト・グッツィ ジャパン
https://motoguzzi-japan.com/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。