(左より)ジョアン・ミル、河内 健テクニカルマネージャー、佐原伸一チームディレクター、
アレックス・リンス。

昨年、ロードレースの世界最高峰クラス(MotoGP)で2000年以来となる20年ぶりのチャンピオンを獲得したスズキ。同社にとって創立100周年&世界グランプリ参戦60周年というアニバーサリーイヤーでの快挙であったが、今年、ディフェンディングチャンピオンとしてタイトル防衛に挑むTeam SUZUKI ECSTAR(チームスズキエクスター) の2021年体制が発表された。

ライダーは昨年チャンピオンを獲得した#36ジョアン・ミルと、ランキング3位の#42アレックス・リンスというスペイン出身の両選手をラインナップ。

扱いやすく力強いエンジン特性、燃費性能、耐久性を高い次元で実現する直列4気筒エンジンを搭載するGSX-RR、車体は運動性能と空力性能の両面より、車幅を抑えたレイアウトとし、車体剛性、重量バランスの最適化が図られる一方、2021年シーズンに向けては、コーナー進入の減速から立ち上がり加速までを高次元でバランスさせるよう開発され、二人のライダーとのマッチングをさらに向上させたという。2021年モデルのカラーリングはこれまでのブルーをベースに「モンスターエナジー」のスポンサーロゴが入る。

MotoGPは2021年、世界17ヵ国・全19戦を開催予定、開幕戦は3月28日決勝のカタールGP。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。