「1986デイトナ200」

アメリカ最大のモーターサイクル・イベントであるデイトナウィーク。数あるレースの中で、メインレースとなっているのがデイトナ200マイルだ。
1984年はOW69に乗るケニー・ロバーツがレースを制し、ヤマハは1972年以来の13年連続優勝を記録した。翌1985年はそれまでのグランプリ・タイプF1仕様からスーパーバイク仕様へのカテゴリー変更に伴い、スーパーバイク・レースでの戦闘力を欠いていたヤマハは欠場。王者不在の中、ホンダVFR750を駆るフレディ・スペンサーが優勝。ホンダにとって15年ぶりとなるデイトナでの勝利となった。

1986年、ヤマハは1984年世界GP・500ccクラスのチャンピオンであるエディ・ローソンを起用、FZ750を投入して王座奪還に挑んだ。日本からもヨシムラで全日本F1チャンピオンとなった辻本聡(スズキ)がエントリー。ウェイン・レイニー(ホンダ)やUSヨシムラのケビン・シュワンツ(スズキ)とともにデイトナ・スピードウェイを疾走する。

そんな1986年のデイトナ200マイルの模様を収めたDVDが二輪関連映像でお馴染みのウィック・ビジュアル・ビューロウよりリリース。特典として副音声に収録される、当時このレースに出場しレイニーやシュワンツと鎬を削っていた辻本による「今だから話せる」貴重なエピソードは必聴。

1986年制作、本編60分。リージョン2/主音声:英語 副音声:日本語/日本語字幕/カラー/4:3スタンダードサイズ/ドルビーデジタル。2,400円(税別)。書店、バイク用品店などより先行発売中。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
http://wick.co.jp

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。