「青春の250 SPORTS 1980年代編」

全国誌で初めて絶版車にスポットを当てた月刊誌「ミスター・バイクBG」。近年ではエンスージアスト向けの良き手引書となっているが、同誌がタイムスリップ・シリーズとしてムックをリリース。1970年代末から1980年代にかけて起きたバイクブームを牽引したと言っても過言ではない、日本のライダーにとって特別な響きを持つ“ヨンヒャク”をピックアップした「青春の80’s ヨンヒャク──‘80年代の400cc空冷モデル編」、1965年から1980年代中期の空冷エンジンモデルの750ccクラス主要モデルを網羅した「ニッポンのナナハン 70~80’s空冷編」に続く第3弾は、バイクブームと共に、隆盛を遂げた250ccクラスをクローズアップ!

税制上においても、最も親しみやすいクラスである反面、350~400ccクラスのおさがり的存在であることは否めなかったが、1970年代末から始まったハイパワー/ハイスペック競争によって250ccモデルの姿は大きく変化。2ストロークモデルには再びGPマシンの技術が投入され大人気となる。また4ストロークモデルも負けじとハイスペックとなり、ついには4気筒モデルも誕生するに至る。さらに単気筒のロードスポーツやオフロード車も次々と誕生。最もジャンルが豊かなカテゴリーとなっていったのだった。

ムックでは1980年代のロードスポーツモデルを中心に、その魅力を改めて紹介。登場車両は●ヤマハRZ250●ホンダVT250F●スズキRG250E/RG250Γ●ヤマハTZR250●ホンダNSR250Rなど。巻末「1980~1990年代前半 水冷250ccオンロードスポーツの系譜」もみどころ。

150ページ。1,700円+税。

モーターマガジン社
https://www.motormagazine.co.jp/_ct/17427917

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。