「TEAM SUZUKI ECSTAR」
TEAM KUNIMITSU 高橋国光総監督

国内外の二輪、四輪によるレース、ラリーの撮影で活動している報道写真家によって組織される「日本レース写真家協会(JRPA)」は、2005年より“その年一番のフォトジェニック”を選ぶ「JRPAアワード」を会員の投票により決定している。

JRPAアワードは「記録や戦績だけでなく、むしろその競技に於いていかにフォトジェニックで、フォトグラファーの写心をくすぐる存在であるか」で決定。競技スタイルや立ち振る舞いがフォトグラファーにとって魅力的であり、常に話題や撮影機会を提供し得る存在であり「いかに“アツく”してくれるか」と言う視点で選ぶ賞となっている。

そんな2020年のJRPAアワードは「TEAM SUZUKI ECSTAR」他が大賞に選出された。

二輪ファンにお馴染み「TEAM SUZUKI ECSTAR」は「コロナ禍の中で7月にスタートしたMotoGP。テストも満足にできない状態で始まった厳しい戦いの中で、もっとも存在感をアピールしたのがTEAM SUZUKI ECSTARだった。四か月半で14戦という短期決戦でジョアン・ミルがタイトルを獲得。チームメートのアレックス・リンスが総合3位になり、スズキ創業100周年という記念すべき年に華を添えた。史上初の無観客レース。選手にとって、そしてレースファンにとっても忘れられない一年となったが、そのレースシーンを切り取るカメラマンのファインダーの中心には、いつもTEAM SUZUKI ECSTARがいた」が選出理由。

また、今回はJRPAが創立50周年を迎えるにあたり「50周年アワード」も選出されることに。JRPA50年の歴史において、最もフォトジェニックな存在に贈られるこちらの賞は、日本人として二輪ロードレース世界選手権で初めて優勝を飾り、四輪転向後もF1グランプリスポット参戦、自チームを率いてのル・マン24時間クラス優勝を成し遂げるなど、日本のモータースポーツの歴史を作ってきた存在である“クニさん”ことTEAM KUNIMITSU 高橋国光総監督が選出された。フォトグラファーに対してのみならず、すべてのモータースポーツ界の仲間、そしてファンに対しても優しく、愛される存在であり、長年に渡る協力に感謝を示して授与される。

日本レース写真家協会
http://jrpa.org/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。