「1985日本グランプリ・オートバイレース」

MotoGPをはじめとするモータースポーツや二輪関連映像でお馴染みのウィック・ビジュアル・ビューロウより、先日リリースされた1984年日本グランプリの続編とも言うべきDVDレース映像が発売となる。今回も熱狂的バイク&レースブームを象徴する1980年代中盤の作品で、FIM公認の国際格式として開催された1985年の全日本ロードレース選手権・第11戦 鈴鹿大会の模様を収めたもの。


250&500ccクラスのダブル世界チャンピオンを獲得したフレディ・スペンサーもエントリーしていた大会であったが金曜日の走行で転倒、負傷。2年連続欠場となる。同年の鈴鹿8耐で優勝を果たし、世界GPでも頭角を現したワイン・ガードナーが500ccとTT-F1にダブルエントリーするという、今では考えられないような事も普通にやってのけて見せている。

500ccクラスは、 この年日本で負け知らずだったホンダのガードナーとヤマハの平 忠彦、スズキの水谷 勝による争い。前戦の菅生で転倒しノーポイントだった平、優勝して3ポイント差に迫った水谷による全日本タイトルの行方も見どころとなった。

TT-F1クラスでは、8耐でケニー・ロバーツが記録したラップレコード(2分19秒956)を破ることに闘志を燃やしたガードナーがタイムを更新しポールポジションを獲得。ポイントリーダーの徳野政樹が病で欠場したことにより、ディフェンダーであるモリワキの八代俊二、躍進目覚ましいヨシムラの辻本 聡によってタイトル争いが行われたが、決勝レースでガードナーに次ぐ2位入賞で、辻本にとってもヨシムラにとっても初となるタイトルを獲得。

1985年制作、本編54分。 特典副音声として、当時このレースに出場していた辻本 聡、八代俊二が全日本の状況や「今だから話せる」貴重なエピソードを収録。2,800円(税別)。書店、バイク用品店、メーカー直販にて1月22日先行発売。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
http://wick.co.jp

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。