新型コロナウイルス感染症の影響により今年は8月に開幕となった2020年 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ。全6戦の中で第2戦と第4戦が中止となるなど混乱が続いたが、その最終戦(第6戦)関東大会が11月29日(日)、埼玉県のオフロードヴィレッジで開催された。

最高峰のIA1(450cc)クラスでは、ランキングトップで最終戦を迎えたCRF450R を駆るホンダ・ドリーム・レーシング・ベルズの山本鯨がヒート1で6位となり、ランキング2位の選手とのポイント差によってチャンピオンが決定。ヒート2では優勝を果たし、チャンピオンに花を添えた。

山本鯨のコメント
「ヒート1は、このレースで絶対にチャンピオンを決めるという目標を優先しました。シーズンの最終戦をポイントリーダーとして迎えたのはこれで4年連続ですが、その中では一度、転倒によりタイトル獲得を逃すという辛い経験もしています。それだけに、ヒート1で自分の仕事に集中させてくれたチームやスタッフ、支えてくれたスポンサーの方々や家族、そしてファンの皆さんに感謝しています。ただし、いろんなライダーに抜かれるなかで、悔しさというか複雑な感情も湧きました。だからヒート2は、本当に全力で勝利を目指して走りました。まだまだ、自分自身は成長できると思っています。今後も多くの方々に協力してもらいながら、レースと真摯に向き合って、業界をけん引していけるようなライダーになりたいと思います」

Honda Dream Racing 瀧川誠樹 運営管理責任者のコメント
「新型コロナウイルスの影響で選手権の開催が危ぶまれる中で、8月に開幕できたことと最終戦まで全うできたことに安堵しております。タイトル防衛に成功した山本鯨選手以下、トップライダーの活躍とHondaを代表するチームの健闘を祝福するとともに、ご協賛各社とファンの皆さんのサポートに対し心からの感謝の意を表したく存じます。今シーズンはレース活動を専門とするHRCから販売会社のHMJに移管されたことで心配をおかけしましたが、Hondaのプレゼンスをアピールできたと自負しております。来年以降も同様の態勢で参戦し、モトクロスファンの皆さまにCRF450Rの高性能を訴求してまいります」

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。