1949年に初開催された世界各国を転戦する最高峰の二輪レース、FIMロードレース世界選手権(MotoGP)。ダンロップ・ブランドでお馴染みの住友ゴム工業は、中級クラスのMoto2、軽量クラスのMoto3両クラスに新設されたシーズン(Moto2は2010年、Moto3は2012年)より継続してワンメイクタイヤ供給を行っているが、この度、供給が2023年まで継続されることが発表された。

世界GPでは幅広い路面条件、路面温度への適応性などさまざまな状況下で性能を発揮することが求められるが、ダンロップのタイヤはレースタイヤ開発で培った技術を活かし、各クラス専用に開発され、ラップタイムの向上に貢献している。

住友ゴム工業は「二輪の国内外のレースにおいて、トップクラスから育成型レースまで幅広いカテゴリーにタイヤを供給しています。今後も、DUNLOPブランドのさらなる価値向上とタイヤ開発力の強化を目指すとともに、レースに参戦するライダーを足元から支え、モータースポーツの発展に貢献していきます」という。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。