慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想である“クロスプレーン・コンセプト”によって開発された水冷・4ストローク・DOHC・3気筒・4バルブエンジンを搭載するヤマハのロードスポーツ「MT-09」、そして同エンジンを搭載するスポーツツーリングモデル「TRACER900」シリーズがフルモデルチェンジ。それぞれ「MT-09 ABS」 「TRACER9 ABS/GT ABS」の名で欧州での販売が開始された。日本では2021年春以降の発売を予定しているという。

「MT-09 ABS」は従来からの“Torque & Agile”のキャラクターを継承・進化。軽量CFアルミダイキャスト製の新フレームに845ccから890ccへスープアップされたトルクフルな新エンジンを搭載。初採用となる独自のSPINFORGED WHEEL(スピンフォージド ホイール)技術による軽量アルミホイールの採用など、随所に軽量化技術を織り込むことで従来モデル比で約4kg軽量に仕上げられる。排気・吸気を独自に設計・チューニングしたことによるトルク感・加速感の演出、感覚を刺激する新ボディデザインも特徴。

一方「TRACER9 ABS」はスポーツ性能とツーリングなど多用途に使える実用機能を磨きながら、軽量化技術を織り込み、同クラス最軽量級の車両重量を実現。MT-09 ABS同様に新エンジン、新フレーム、軽量アルミホイールが採用される。「TRACER9 GT ABS」にはKYB製前後電子制御サスペンション、夜間走行でライダーの負担の低減を図るコーナリングランプ、ダンパー内蔵サイドケース用ステー、シフトダウンにも対応したQSS(クイックシフトシステム)などが採用され、ツーリングの快適性の向上が図られる。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。