市販車両をベースとしたマシンで争われるル・マン24時間や鈴鹿8時間といったレースで知られるFIM 世界耐久選手権(EWC)。2019-2020 年シーズン、スズキはスーパースポーツのフラッグシップモデルであるGSX-R1000 をベースとするマシンで参戦する二輪耐久レースチーム・SERT(スズキ・エンデュランス・レーシングチーム)と、世界的なチューナーとして二輪車の発展に貢献し、スズキのレース活動と密接に繋がっているヨシムラジャパンと共にマシン開発を進め、4年ぶりのチャンピオン奪還を果たした。

2020-2021年シーズンはヨシムラと共同参戦。ファクトリーチームとして参戦体制の更なる強化を図り「ヨシムラSERT Motul」として戦うこととなった。

SERTで培ってきたノウハウに加え、1976 年にスズキ初の大型4ストローク車(GS750)のレース車両開発に協力して以来、現在に至るまでスズキと共に鈴鹿8耐を中心にレース活動を続け、レース車両のチューニングやチームマネジメントに高い能力を持つヨシムラが参戦することで、「『チーム スズキ』を具現化するチームワークが勝敗に大きく影響する EWC の連覇を目指す」という。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。