“コークスクリュー”でお馴染み、アメリカのラグナ・セカ・レースウェイでバガーロードレース「Drag Specialties King of the Baggers invitational(ドラッグスペシャリティーズ・キング・オブ・ザ・バガーズ)」が行われ、インディアン・チャレンジャーを駆るタイラー・オハラが11 台のハーレーダビッドソンに真っ向勝負を挑み勝利を収めた。ベテランライダーのフランキー・ガルシアも3位となり、インディアン・チャレンジャーは表彰台の2つを占めた。

尚、この史上初となるレースの模様は動画で公開され、200 万回以上の視聴と30,000 回以上の Facebook シェアを記録しているとか(動画はコチラhttps://youtu.be/XB0AdIhAG5k)。

インディアンモーターサイクル リード・ウィルソン副社長のコメント
「ラグナ・セカの有名な『コークスクリュー』を13 台のバガーが膝を擦りながら疾走するのを目の当たりにするのは、オートバイレースの中でも特別な瞬間でした。とはいえ、新しいインディアン・チャレンジャーが11台の最高のレベルまでカスタムされたハーレーダビッドソンを倒すのを見るのは、私たちの製品デザイナーとエンジニアがインディアン・チャレンジャーの開発に費やした労をねぎらってくれた、正に劇的であり、記念碑的な結果でした」

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。