1992鈴鹿同着【新価格版】 
全日本ロードレース選手権 第6戦鈴鹿大会 GP250cc

GPライダーのイラストや4コマ漫画でお馴染み・
藤原らんか描き下ろしのアートカード封入

翌年の世界グランプリへの参戦を控え、全日本4連覇に挑む岡田忠之。一方、同クラス2年連続ランキング2位でチャレンジャーとして王者の座を狙う原田哲也。後に世界のトップライダーとなる二人のライバル対決が繰り広げられていた1992年の全日本ロードレース選手権シリーズGP250クラスは、第3戦0.002秒、第4戦0.550秒、第5戦0.074秒、第7戦0.001秒というコンマ数秒という僅差な記録からもわかる通り、毎戦ギリギリの戦いが展開されていた。

そして第6戦の鈴鹿。この日もサイド・バイ・サイドのトップ争いを展開する岡田と原田、詰めかけた観衆はその勝敗の行方を固唾を呑んで見守っていた。接戦はそのままラストラップに突入。最終シケインの進入で原田が前に出るが岡田も食らいつき、完全な併走状態でチェッカー。両者のタイム差は0.000秒。闘いの結末は写真判定でもつかず、異例の同着優勝という伝説的なレースが生まれた。

そんな伝説的名レースが新価格版の完全ノーカットDVDとなって10月24日(土)に発売される。音声は当時WOWOWで放送されたものを使用(実況:高柳謙一、解説:和歌山利宏)。本編約50分の他、現役を退いた今、お互いの関係性やレース観を語る「岡田忠之×原田哲也 対談」などの特典映像(24分)あり。2,420 円(税込)。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
http://wick.co.jp

岡田忠之
原田哲也

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。