ドゥカティは、イタリア現地時間11月4日に正式発表される「ムルティストラーダV4」の生産を開始した。

非常にスムーズなパワーデリバリーを実現し、メンテナンス・インターバルを大幅に延長した完全に新しい軽量でコンパクトなV4エンジンを採用する、累計11万台以上生産されたムルティストラーダ・シリーズのニューモデルには、モーターサイクルで世界初となる前方用/後方用レーダーセンサーをもつアドバンスト・ライダー・アシスタンス・システムを搭載。このシステムは、モーターサイクル周囲の交通状況を瞬時に検知することで安全性と走行快適性をより向上させることができ、新しいレベルの走行体験を提供するという。

前方に配置されたレーダーセンサーは、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)の作動を制御。ACCは30~160km/hの速度で走行中、前方車両との車間距離(4つのレベルで選択可能)を一定に保つよう、アクセルとブレーキを自動的にコントロール。特に高速道路を利用したロングツーリングにおいて、より快適なライディングを可能とした。

後方用レーダーセンサーは、リアビューミラーに映らないライダーの死角に来た車両を検知。ライダーに警告することができるブラインド・スポット・ディテクション(BSD)死角検知システムは、後方から高速で接近してくる車両の存在をライダーに通知する事もできる。

レーダーセンサーは最新アクションカメラと同様のコンパクトなサイズ(70×60×28mm)で、モーターサイクルデザインと完全に一体化。重量はわずか190g。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。