FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が主催する世界耐久選手権(EWC)に参戦する「スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)」が、9月26 日にポルトガルで開催された第4戦(最終戦)「エストリル12時間」で、累計ポイントによって2016年シーズン以来となる4年ぶり、16回目となるシリーズチャンピオンを獲得した。

ル・マン24時間や鈴鹿8時間などの耐久レースで知られるEWCは、市販車をベースに耐久レース仕様に改造された二輪車で競われるレース。1980年代より耐久レースの名門として知られ、“絶対王者”として君臨し続けたSERTはGSX-R1000を擁し、今シーズンはヨシムラジャパンの技術支援も受けながら第1戦「ボルドール24時間」で優勝、第3戦「ル・マン24時間」では3位表彰台を獲得。

11月1日に決勝レースが行われる予定であった鈴鹿8耐が中止となったことでシリーズ最終戦となったエストリル12時間に、累計ポイントランキングで2位に40ポイント差をつけて挑むことになったが、決勝では4位を獲得。累計ポイントが2位と18ポイント差の167.5ポイントでシリーズチャンピオンが決定。SERTのチームワークの高さ、GSX-R1000の高い総合力を証明した。

●スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)2019-2020年シーズンの成績
第1戦  ボルドール24時間(フランス・2019年9月21・22日)  1位
第2戦  セパン8時間 (マレーシア・2019年12月14日)    4位
第3戦  ル・マン24時間 (フランス・2020年8月29・30日)   3位
第4戦  エストリル12時間 (ポルトガル・2020年9月26日)   4位

●2019-2020 FIM世界耐久選手権 チームランキング
1位 Suzuki Endurance Racing Team   167.5
2位 YART-YAMAHA            149.5
3位 F.C.C. TSR Honda France      143.5

●2019-2020 FIM世界耐久選手権 マニュファクチャラーランキング
1位 Yamaha   237
2位 Suzuki   160.5
3位 Honda   137.5

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。