絶版車系1/12スケールモデルのリリースに意欲的なハセガワから新製品。

「スズキ RG400Γ 後期型」はヨシムラをイメージしたガンメタ/レッドのツートーンカラーが特徴の1986年2月に登場したカラー変更モデル、しかもオプション設定だったアンダーカウルを標準装備し、2万円高で新たに設定されたフルフェアリング仕様に。新デカールに加えハンドルグリップ、リアウインカー、リアウインカーレンズ、アンダーカウルを3DCADで再現、新金型のプラ部品として、追加される。パーツ数208。 模型全長170mm、模型全幅70mm。 限定生産版。9月30日発売予定。3,600円(税別)。

伝説の名車“マッハ”の正統後継車としてすでにラインナップされている1978年モデル(B3)、1979年モデル(B4)に続き1977年モデル「カワサキ KH250-B2」が11月14日発売予定。シート部品は前期型用をセット。タンク、サイドカバーなどのパーツカラーは、日本国内仕様をイメージしたブルーとなる。デカール(マーキング)は日本国内仕様(車体色:キャンディオリエントブルー)と輸出仕様(車体色:キャンディワインレッド)をセット。パーツ数148。模型全長165.5mm、模型全幅70mm。限定品。3,600円(税別)。

また、10月29日には人気シリーズの第3弾、1/12スケールのリアルフィギュア コレクション「レースクイーン」も発売予定。

ハセガワ
http://www.hasegawa-model.co.jp/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。