昨年の東京モーターショーでワールドプレミアとなった後、イタリアで開催されたEICMAミラノショー(国際モーターサイクルエキシビション)などに出展されたヤマハのTRICITY(トリシティ)300が、日本では「TRICITY300 ABS」 の名で9月30日より発売される。前二輪をもつ独自のサスペンション構造により軽快感と安定感を両立させたLMWテクノロジーを採用するミドルクラスに位置するモデルとなる。

特徴は、大型スポーツタイプのLMWモデル・NIKEN(ナイケン)で実績あるジオメトリを採用することで自然なハンドリングと接地感を実現し、快適で質感ある乗り心地がもたらされたこと。 また、スイッチ操作によりLMW機構上部のアームに設置したディスクを電動キャリパーでロックすることで車両の自立のアシストが可能に。アシスト中もサスペンションの伸縮機能は維持されるため、押し歩き時に小さな段差などを越える時も車体が取り回しやすくなっている。

エンジンは欧州向けスポーツスクーター・XMAX300のBLUE COREエンジンをベースに仕様を最適化、心地よい加速フィーリングを実現。トラクションコントロールシステムも搭載される。新設計フレームは強度と剛性バランスを最適化、走行時にライダーへ伝わる振動を低減させたことで、安定感としなやかな乗り心地を獲得している。

他、シート下の大容量45リットルトランク、スマートキーシステムの採用といった利便性も確保。日常的な通勤・通学や都市の移動に安心感と快適性をもたらす1台に仕上がる。

ボディカラーはブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)、マットグレーメタリック6(マットグレー)、マットダークグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー)の3色を設定。メーカー希望小売価格は957,000円(税込)。

TRICITY300 ABS
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tricity300/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。