「1991鈴鹿伝説【新価格版】~FIM世界選手権ロードレース第1戦日本グランプリ500cc~」

全てのレースファン必見、1991年3月に鈴鹿サーキットで開催されたロードレース世界選手権の開幕戦・日本グランプリの、今も語り継がれる伝説のレースのノーカットDVDが新価格版となってリリースされた。

最高峰・500ccクラスはディフェンディングチャンピオンの#1ウェイン・レイニー、“最速男”#34ケビン・シュワンツ、ホンダの新エースとなった#3ミック・ドゥーハン、そしてスーパー・ルーキーの#19ジョン・コシンスキーと役者揃い。

決勝はオープニングラップからレースリーダーの座を奪い合うレイニーとシュワンツ、そこに圧倒的なストレートのスピードをもつドゥーハンが割り込み、さらにルーキーであるコシンスキーがファステストラップを叩き出すという展開に。オープニングラップからチェッカーまで続くサイド・バイ・サイドの戦い。お互いのラインは交錯し、タイヤも限界に達しつつある中、コンマ5秒の中に4台がひしめき合う伝説のレースを91,000人の観衆は目撃した。

実況は’90年代テレビ大阪の絶叫アナウンサー・千年屋俊幸、解説・福田照男、ピットレポート・山田純、ゲスト・清水國明。DVD片面1層、本編約62分/特典映像8分(予選ダイジェスト)、4:3スタンダードサイズ、ドルビーデジタル、リージョン2、カラー。藤原らんか描き下ろしアートカード封入。2,420円(税込)。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
http://wick.co.jp

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。