名門チームであるハルク・プロやTeamKAGAYAMAより全日本ロードレース選手権に参戦、2016年にJ-GP2クラスチャンピオンを獲得し、最高峰JSB1000クラスや鈴鹿8耐で活躍した後に渡欧、現在はスペインスーパーバイク選手権(ESBK)に参戦中である#94浦本修充(うらもと なおみち)。

8月1日・2日、2週連続開催となったESBK 第2戦の舞台はMotoGPやF1でもお馴染み、スペインを代表するカタルニア・サーキット。今年は土曜日の午前中に決勝をダブルヘッダーで行う変則スケジュールとなっていた。そんな中、1回のセッションとのみとなった公式予選により9番手からスタートとなった決勝レース1ではマシントラブルでリタイアに。

レース1の結果により12番手からスタートとなったレース2では、オープニングラップで9位にジャンプアップ。ファステストラップを連発し5周目に7番手、8周目に6番手、10周目には5番手まで浮上を果たす。この時点でトップと2秒の差があったが、レース残り2周で快進撃を見せた浦本は最終ラップで上位2台と0.3秒差の3位に。トップの選手が2番手を走っていた選手と接触・転倒し、浦本はアウトに膨らんだ2番手のインを突き一気にトップにたちそのままフィニッシュ。彼にとってスペイン、そしてヨーロッパでの初優勝となった。

浦本修充のコメント
「予選9位、決勝1はDNF、決勝2は1位。やっと勝てました! 最終ラップに運が味方した部分もありましたが、レース中もずっとペースが良かったですし、本当に嬉しいです!! このような成績を残せたのもJEG Racingをはじめとした、いつも応援、サポートしていただける方々のおかげだと思っています。心から感謝しています。本当にありがとうございます。本当に久しぶりの優勝なので、今はかなり浮かれていますが、シーズンは始まったばかりなので、この流れを維持できるようにきを引き締めて、引き続き頑張ろうと思います!」

予選:ベストタイム 1’44.475(9番手)
決勝レース1:ベストタイム 1’44.518(リタイア)
決勝レース2:ベストタイム 1’44.517(優勝)
ランキング:4位(46ポイント)

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。