令和元年度スポーツ功労者顕彰式にて(文部科学省HPより)

数々の二輪や四輪レースで活躍、現在もSUPER GTシリーズに参戦する「Team KUNIMITSU(チーム・クニミツ)」の総監督を務める高橋国光氏が、7月27日に行われた文部科学省の令和元年度スポーツ功労者顕彰式(プロスポーツ関係者)で「スポーツ功労者顕彰」を受章、萩生田文部科学大臣より顕彰を受け、顕彰状と銀杯が授与された。

この式典は、プロスポーツ史上特に優れた成果を挙げた選手や多年にわたりスポーツの向上発展に貢献した人を「スポーツ功労者」として文部科学大臣が顕彰するもの。今回、高橋氏の他に武豊氏(日本中央競馬会)ら全5名が受章している。

“クニさん”の愛称で知られる高橋氏は、1961年の西ドイツGPで日本人としてロードレース世界選手権を初優勝。転向した四輪レースでも日産やホンダのマシンを駆って活躍、1999年・59歳まで現役レーサーであり続け、その後もモータースポーツの発展に大きく貢献している。

「スポーツ功労者顕彰」は二輪モータースポーツ界で2001年の世界GP・250ccクラスでチャンピオンを獲得した故・加藤大治郎選手が初めて受章。2004年のトライアル世界選手権チャンピオン藤波貴久選手、2009年に世界GP・250ccクラス最後のチャンピオンとなった青山博一選手らが顕彰されている。

1961年5月14日、世界GP第2戦の西ドイツGP・250ccクラスでホンダRC162を駆るゼッケン100の高橋国光氏は日本人として初めて世界選手権で優勝という快挙を成し遂げる。会場のホッケンハイム・リンクには日の丸が揚がり、君が代が流れた。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。