累計生産500万台目となったジクサーSF250

スズキのインドにおける二輪車生産販売子会社であるスズキ・モーターサイクル・インディア社(SMIPL社)が7月13日に累計生産台数500万に到達。2006年2月より「GT125」の生産を開始以来、14年5ヵ月での快挙となった。

SMIPL社はこれまでにスクータータイプの「アクセス125」やバックボーンタイプの「ジクサー」など110~250ccクラスのモデルを中心に生産台数を拡大。2019年度のインドにおけるスズキの販売台数は68万5223台(前年比102%)と全体市場が前年割れする中でも、アクセス125の販売貢献により伸張を続け、シェアは3.9%となっている。

また、SMIPL社は世界1位の二輪車生産国であるインド国内のみならず、周辺国や日本、アセアン、中近東、中南米などへも輸出、スズキ二輪車最大の生産役割を担っている。日本販売モデルはジクサーシリーズ(SF250/250/150)がSMIPL社製だ。

スズキ・モーターサイクル・インディア社の概要
社名:Suzuki Motorcycle India Private Limited
本社所在地:ニューデリー市
従業員数:約1,400名(2020年3月末現在)
資本金:178億1,553万ルピー(スズキ出資比率100%)
生産台数:798,437台(2019年度)
二輪生産車種:アクセス125、バーグマンストリート、ジクサーシリーズ、イントルーダー等

スズキ・モーターサイクル・インディア社の生産台数上位5車種
1位:アクセス125(347.8万台)
2位:ジクサー150/ジクサーSF150(43.2万台)
3位:ヒート/ゼウス/スリングショット(28.4万台)
4位:ハヤテ(19.7万台)
5位:バーグマンストリート(17.7万台)

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。