型式である“RC30”(アールシーサンマル)が通称となっているホンダVFR750R。軽量素材を多用し、当時としては高価な148万円という車両価格も話題となった1987年登場(日本では1,000台限定販売)の“伝説の名車”にベストコンディションを施すプログラム「リフレッシュプラン」について以前にもご紹介したが、その詳細が明らかとなった。ユーザーからの相談および申し込みを「RC30 リフレッシュプラン受付店」(全国指定7店舗のHonda Dream)にて7月28日(火)より開始する。

四輪スポーツカー「NSX」のリフレッシュプランで培ったノウハウを参考にしたというこのプログラム、整備メニューや再生産する純正部品の技術検討には当時の開発メンバー、自らRC30オーナーでもあるメンバーが中心となって進められてきたもの。愛車のリフレッシュ希望者は、熊本製作所内に8月上旬に開設される「モーターサイクルリフレッシュセンター」に車両を預け、要望に応じた整備プランによって熟練の整備士がベストコンディションに仕上げていくという。

ちなみに、リフレッシュプランメニューは必須項目である「基本メニュー」(新車から30年以上経過したRC30に必要な整備メニュー。申込み全車両が必ず受ける整備。税抜549,000円)に、エンジン、足まわりなどの機能ごとにまとめて実施すべき項目の整備メニューである「プランメニュー」(同85,000 円~)、プランメニューを選択の上、車両のコンディションとオーナーの要望をもとに、追加可能な整備となる「オプションメニュー」 が選択項目として組み合わされ、1台1台に最適な整備メニューをつくることができるようになっている。

また、このリフレッシュプランのスタートとともに、RC30の部品を新たに再生産し純正部品としてホンダ二輪車正規取扱店より順次販売される。

VFR750R(RC30)リフレッシュプラン
https://www.honda.co.jp/motorcycle-refresh-plan/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。