トライアル世界選手権で3度(1985・1986・1988年)タイトルを獲得する活躍でも知られる、1968年にイタリアで創業したモーターサイクルブランド「FANTIC(ファンティック)」。1975年にはモトクロスのワークスチームを結成、1981年のISDE(International Six Days Enduro)では最高位のワールドトロフィーを獲得するなど、レースシーンで数々の記録を残してきた。

1969年にオートバイの製造を開始して間もなく、そのオリジナル・モデルに「CABALLERO(キャバレロ)」の名が冠されたが、現在ラインナップされているCABALLEROはネーミングのみならず、当時のスタイルもオマージュ、同社の歴史の中でも重要なモデルだと言える。

昨年行われたミラ ノ シ ョ ー(EICMA)2019では、CABALLERO 誕生50周年を記念したモデル「CABALLERO SCRAMBLER500 ANNIVERSARY」を発表。日本でも数量限定で販売されることとなった。

イタリアンフラッグを模したグラフィックが配置される鮮やかなスカイブルーのタンク、50 周年を表す「50」があしらわれたサイドカバーとナンバープレートキットに加え、オプションパーツのクロスバーキット、エンジ ンガード、ラジエーターグリル、タンクバッグが標準装備された豪華な仕様が特徴に。

メーカー希望小売価格(税込)は1,230,000 円。

FANTIC ホームページ
https://caballero.jp/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。