1969年に登場した「カワサキ500-SS/MACH III(H1)」は “世界最速のオートバイを作る”という目標のもとに開発、実際に当時市販車最速と言われ、“ジャジャ馬マッハ”として伝説になるほどのインパクトを与えた。新開発の2ストローク空冷 3気筒エンジンがもたらす当時としては驚異的な加速力によって、先行して発売された北米市場で大成功を果たす。そんな名車がハセガワより1/12スケールモデルとして7月30日頃発売される。

1969年9月に日本国内発売モデルを徹底した実車取材により完全新金型でキット化したもので、
初期型のエンジンを再現。通常ハンドルとフラットバーハンドルの選択が可能で、おまけとして海外仕様のリフレクターパーツ(左右反射板)を付属。模型全長176mm、模型全高105.5mm、模型全幅68.5mm。3,400円(税別)。

また、同社よりバイクモデルとの組み合わせにも最適、1/12スケールレジン製フィギュアコレクションの第2弾「ブロンドガール」 も7月29日頃リリース。トップスカルプター・辻村聡志氏による作品をレジン成形ならではの高い再現度でキット化されたものとなっている。4,900円(税別)

ハセガワ
http://www.hasegawa-model.co.jp/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。