写真は昨年の大会の模様

鈴鹿サーキットにて7月16日(木)~19日(日)に開催予定であった「2019-2020 FIM世界耐久選手権第3戦・鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」について、株式会社モビリティランドは国内外における新型コロナウイルスの感染拡大状況や各地域での防止対策などを踏まえ慎重に検討。鈴鹿8耐がFIM世界耐久選手権シリーズの一戦であり、かつヨーロッパを中心に海外チームが多数参戦しているという特性を鑑み、10月30日(金)~11月1日(日)に開催延期の判断を行った。開催日程の変更に伴い、世界耐久選手権シリーズの最終戦となる。

尚、併催予定であった「鈴鹿4時間耐久ロードレース」は開催中止となる。

また、当初10月31日(土)~11月1日(日)に予定していた「2020 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦 第52回MFJグランプリスーパーバイクレースin鈴鹿」は本年度の開催を中止に。この開催中止に伴い、11月14日(土)~15日(日)にツインリンクもてぎにて開催予定の「2020 MFJ全日本 ロードレースシリーズ最終戦スーパーバイクレース in もてぎ」を「第52回MFJグランプリ」として開催する。

購入済の各種チケットは、一部を除き代替開催日程で有効となるほか、払い戻しも可能。チケットの取り扱い・払い戻しの詳細については、鈴鹿サーキットウェブサイトにて。

https://www.suzukacircuit.jp/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。