NEXCO東日本は、長距離ドライブの人々の宿泊ニーズに応えるとともに、地域の観光振興および活性化を目的に手軽で経済的に泊まることができ、高速道路から直接利用が可能な宿泊施設「E-NEXCO LODGE」を展開中。4月24日(金)には東北自動車道・長者原サービスエリア(SA)上り線(宮城県大崎市)に2店舗目(東北エリア初)がオープンする。

長者原SAに宿泊施設が整備されたのは●東北道の概ね中間点にあり、上下線に出入り可能なスマートインターチェンジがある●東北道をはじめ、高速道路ネットワークを利用した東北各地の拠点としてロケーションの良さがある●ラムサール条約湿地である化女沼に隣接し、SA内の観察地から遠望できるなど景観が良い、などの背景によるもの。

木造2階建ての施設は全12室で、各室とも広さ約25㎡、幅1.5mのクィーンサイズベッド2台設置、バストイレ・TV・冷蔵庫・エアコン・インターネット(有線・Wi-Fi)完備(1室はバリアフリー対応)。
料金は1室1名は4,000円(エコノミーシーズン)から15,000円(ピークシーズン)、1室4名は10,000円(エコノミーシーズン)から20,000円(ピークシーズン)となっている。予約は宿泊予定日の3カ月前から受付可能だ。

旅籠屋(運営)
http://www.hatagoya.co.jp/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。