二輪車ではカタナやガンマ、GSX-Rといった名車、四輪車ではジムニーやアルト、ワゴンR、ハスラーなどのヒット作でお馴染みのスズキ。
前身となる鈴木式織機株式会社は織機の製作で創業、静岡県浜名郡天神町村(現・静岡県浜松市)を拠点に、以降は二輪車や四輪車、船外機へと活動の幅を広げ発展してきたが、2020年3月15日に創立100周年を迎えた。

スズキ100年の主な出来事
1909年10月:鈴木道雄、静岡県浜名郡天神町村(現 浜松市)で鈴木式織機製作所を創業。
1920年3月:鈴木式織機株式会社として同地に法人設立、資本金50万円。鈴木道雄、社長に就任。
1947年5月:本社を現在地(現 静岡県浜松市南区高塚町300)に移転。
1952年6月:輸送用機器へ進出。バイクモーター「パワーフリー号」(2サイクル36cc)発売。
1954年6月:鈴木自動車工業株式会社に社名変更。
1955年10月:軽四輪乗用車「スズライト」(2サイクル360cc)発売。
1957年2月:鈴木俊三、社長に就任。
1958年10月:社章Sマークを制定。
1960年3月:四輪車組立工場が完成。
1961年8月:ノックダウン方式による二輪車の初めての輸出が台湾向けに行われる。
1961年9月:愛知県豊川市に軽四輪トラック工場が完成。「スズライトキャリイ」(2サイクル360cc)の生産を開始。
1962年6月:英国マン島TTレース50cc部門で優勝。
1965年4月:船外機部門に進出。「D55」(2サイクル5.5馬力)発売。
1967年3月:タイスズキモーター社を設立(スズキ初の海外二輪車生産工場)。
1967年8月:静岡県磐田市に磐田工場(四輪車)が完成。
1970年1月:静岡県小笠郡(現 掛川市)に大須賀工場(鋳造)が完成。
1970年4月:新型軽四輪駆動車「ジムニー」(2サイクル360cc)発売。
1970年10月:静岡県浜名郡(現 湖西市)に湖西工場(四輪車)が完成。
1970年:インドネシアで二輪車の組立を開始。
1971年10月:愛知県豊川市に豊川工場(二輪車)が完成。
1973年5月:鈴木實治郎、社長に就任。
1974年4月:医療福祉機器部門に進出し、電動車いす「モーターチェアZ600型」発売。
1975年5月:パキスタンで四輪駆動車「ジムニー」の組立を開始(四輪車初の海外生産)。
1976年:インドネシアで四輪車の組立を開始。
1978年6月:鈴木修、社長に就任。
1979年5月:新型軽自動車「アルト」(2サイクル550cc)新発売。
1982年4月:インド政府とスズキ四輪車の合弁生産について基本合意。
1983年12月:インド、マルチ・ウドヨグ社でスズキ四輪車生産開始。
1990年10月:スズキ株式会社に社名変更。
1991年4月:ハンガリーでの四輪車合弁生産に正式調印。マジャールスズキ社設立。
1993年9月:新型軽乗用車「ワゴンR」(660cc)発売。
1994年11月:静岡県榛原郡(現 牧之原市)に相良エンジン工場が完成。
2000年6月:戸田昌男、社長兼COOに就任。鈴木修、会長兼CEOに就任。
2002年5月:インド・マルチ社の株式を過半数取得し、子会社化。
2003年4月:津田紘、社長兼COOに就任。
2007年7月:インド子会社を「マルチ・スズキ」社に社名変更。
2008年7月:静岡県牧之原市に相良工場(四輪車組立工場)が完成。
2015年6月:鈴木俊宏、社長に就任。
2016年10月:スズキとトヨタ、業務提携に向けた検討開始を発表。
2017年2月:インドのスズキ・モーター・グジャラート社で四輪車の生産を開始。
2017年2月:トヨタとスズキ、業務提携に向けた覚書を締結。
2018年3月:トヨタとスズキ、インドでハイブリッド車などの相互供給に向けて基本合意。
2018年9月:静岡県浜松市に浜松工場が完成し、二輪車の生産を開始。
2019年8月:トヨタとスズキ、資本提携に関する合意書を締結。

スズキは創立100周年を記念したサイトを開設。二輪や四輪の車両系統図などを見ることができ、今後も随時、情報発信を行っていくという。

スズキ「100周年記念サイト」
https://www.suzuki.co.jp/100th/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。