砂漠を中心に争われる世界一過酷なモータースポーツ「ダカール・ラリー」。舞台を南米から中東・サウジアラビアに移した第42回目を迎える今大会は1月5日から17日にかけて、全12ステージが設けられた。ルートの75%は砂漠エリアとなる。

世界の各地域での規格をパスする安全性、快適な使用感をもたらす優れた機能、そして個性的なデザインやカラーリングによりモーターサイクルライフを彩るアクセサリーとして評価されているShiro Helmets S.A. 社が製造する「SHIRO」ブランドのヘルメットおよびアクセサリーがPEUGEOT MOTOCYCLES 製品の日本総代理店でもあるaideaより販売される。
「SHIRO」は50 年以上に渡りヘルメットの開発に携わってきたJUAN TOMAS ROJO が1993 年にスペインで立ち上げた自らのブランド。日本では3タイプがラインナップされる。


SH-336

フルフェイスの「SH-336」はカーボンシェルとヨーロピアンデザインが特徴。約1,250g という超軽量を実現し、空力性能に優れた形状と相まって、高速走行における首の疲れが軽減するという。シールドは耐衝撃性が高く変形の少ない高品質なポリカーボネート製で、バイザーの曇りを防ぐPINLOCK も付属。脱着して洗濯が可能な内装は材質にCool Max を採用。カラーはグロスカーボンとマットカーボンの2種、サイズは:S/M/L/XL。税込メーカー希望小売価格は49,500 円。

SH-235 ビュレット
SH-235 スクラッチドクローム

ジェットヘルメットはクラシカルなスタイルと現代的な装備が共存する「SH-235 ビュレット」(カラーはグロスブラック/マットブラック/グロスホワイトの3種。税込メーカー希望小売価格:27,500 円)と「SH-235 スクラッチドクローム」(カラーはクローム。同25,300 円)の2タイプをラインナップ。格納式のスモークシールド(SH-235 ビュレットには加えてクリアのロングシールドを装備)、キャメルカラーで肌触りの良いスエード調生地とブラックで通気性の高いメッシュ生地を組み合わせた内装を採用。サイズはいずれもM/L/XLを設定。
尚「SHIRO」の製品はトップカテゴリーのレースでも使用されており、アメリカの「DOT」、ヨーロッパの「ECE / ONU 22.05」など、安全性の目安となる規格は様々な国際認証に準拠。国内向けに輸入・販売される製品は全てPSCマー ク/SG マークを取得している。

aidea
https://aidea.net/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。