砂漠を中心に争われる世界一過酷なモータースポーツ「ダカール・ラリー」。舞台を南米から中東・サウジアラビアに移した第42回目を迎える今大会は1月5日から17日にかけて、全12ステージが設けられた。ルートの75%は砂漠エリアとなる。

二輪部門において、アフリカ大陸を舞台に争われていた1980年代に強さを誇ったホンダは2013年に同ラリーへ復帰。速さを誇りながらトラブルや不運に見舞われ、最高位は2015年と2018年の2位だった。復帰から8度目の挑戦となった今回、CRF450 RALLY を駆るアメリカのリッキー・ブラベックが第3ステージで優勝し総合首位に立つと、その後も堅実な走りで首位を守り総合優勝。 ホンダに31年振りの栄冠をもたらした。また、ブラベックは世界一過酷なラリーを制した初のアメリカ人となる。

尚、近年のダカール・ラリーで圧倒的強さを誇っていたKTMの連勝は18で止まった。

今回のラリー、2019年半ばまでホンダのワークスチームで戦ったポルトガルのパウロ・ゴンサルヴェスが第7ステージでアクシデントにより逝去。多くのラリー関係者から慕われていたライダーだけに大きな影を落とした。

リッキー・ブラベックのコメント
「とうとうやりました。Hondaにとっても、チームにとってもこれ以上嬉しい勝利はないと思います。非常にタフで、距離も長いレースでしたが、チームは一体となり、ライダー、そしてメカニックも最高の仕事ができました。今日の最終ステージでは、マシンも非常に調子良く、みんな無事にここまで来ることが第一の目的でした。Hondaチームそして我々をサポートしてくれたスポンサーの皆さまにこの上なく感謝しています。そして去年までチームメイトだったパウロ・ゴンサルヴェス選手にも、心から感謝しています。サウジアラビアで初めて開催されたダカールラリーですが、とにかく景色が素晴らしい。来年もまた参戦します」

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。