イタリアのモーターサイクルメーカー・ドゥカティは1月23日、ロードレースの世界最高峰・MotoGPに参戦する「2020 Mission Winnow Ducatiチーム」のプレゼンテーションを地元ボローニャのマッジョーレ広場にある歴史的なエンツォ宮殿で実施。オフィシャル・ライダーのアンドレア・ドヴィツィオーゾとダニーロ・ペトルッチ、ドゥカティCEOのクラウディオ・ドメニカーリ、ドゥカティコルセGMのルイジ・ダッリーニャが、今シーズンを戦うデスモセディチGP20のニューカラーを発表した。

真紅のカラーに印象的なブラックとクロムメッキのディテールを配したニューマシンは、2月7日~9日にセパンサーキット(マレーシア)で開催されるオフィシャルテストにデビュー。今シーズンのMotoGPは1戦(フィンランド)増え、3月8日の開幕戦(カタール)から11月15日の最終戦(バレンシア)まで全20戦が行われる。

#04アンドレア・ドヴィツィオーゾ(2019年ランキング2位)のコメント
「2019年は興味深いシーズンになりました。昨年僕たちは、今シーズンにマシンの戦闘力を高めることができる、いくつかの改善点を見つけることができました。昨年は、圧倒的な強さを見せたマルク・マルケスに次いで、3年連続でランキング2位になりました。しかし、僕たちもマシンのポテンシャルを最大限に引き出してベストを尽くしました。MotoGPでは、シーズンごとに展開が異なりますので、2020年に何が起こるかを予測することは容易ではありません。しかし、僕たちの目標は明確です。もう一度タイトルに挑戦することです。これまで以上に強くなるために、ドゥカティと協力してハードワークを続けて! います。昨年と比較して、ライバルも戦闘力を高めてくると思いますが、僕たちのマシンも大きく改善されています。今年も去年の勢いを維持できると確信しています」

#9ダニーロ・ペトルッチ(2019年ランキング6位)
「2019年は、後半に苦戦しましたが、僕にとっては素晴らしい年となりました。結果から言えば、MotoGPでのベストシーズンでした。ムジェロでは、ホームレースの大観衆とドゥカティ・ファインの前で初優勝することができました。この優勝は、ライダーとしての自信を高め、今年さらに飛躍するためのモチベーションとなりました。ライバルも強くなっていると思いますが、僕たちのマシンも進化しています。シーズンごとに改善と成長を続けてきましたが、今年は結果を出して、昨年よりもさらに前進したいと考えています」

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。