ハスクバーナ・モーターサイクルズが3月8日のカタールGPから開幕する2020年シーズンよりロードレース世界選手権へ。2015年シーズン以来の参戦で、MAX RACING TEAMをサテライトチームとして公式にサポートする。マシンはHusqvarna FR 250 GP。

世界GPで42勝、250ccクラスにおいて4度のチャンピオンを獲得しているマックス・ビアッジがオーナーを務める同チームは、経験豊富な元レーサーであるペーター・エッテルがマネージメントを行う。ライダーはMoto3クラスで11 回の優勝、24 回の表彰台、4 回のポールポジションを獲得しているロマノ・フェナティ、そして弱冠17歳のアロンソ・ロペス。


マックス・ビアッジ (チーム代表)のコメント
「ハスクバーナ・モーターサイクルズが国際ロードレースへの復帰のために私たちのチームをサポートすることを選んだことを非常に嬉しく思います。ハスクバーナ・モーターサイクルズのMoto3への復帰は非常に特別で素晴らしいことであり、個人的にも非常に誇りに思っています。チームの全員が2020年を楽しみにしています。ハスクバーナ・モーターサイクルズのサポートにより、素晴らしいことが達成できると信じています。二人のライダーは両方とも非常にやる気に満ちています。ロマノ・フェナティとアロンソ・ロペスという、経験豊富なライダーと若いライダーがいますが、どちらも良い結果をもたらすことでしょう。我々はライダーが持つ本当の能力を引き出すためにできる限りのことをするつもりです」

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。