’18~Z900RS CAFE用フェンダーレスKIT

上向き40°の保安基準適合(新基準に適合)フェンダーレスキット。純正ウインカー対応。ボルトオン装着可能。
セット内容:メインステー、ナンバープレートステー、リフレクター、LEDナンバー灯。18,500円(税別)。


’18Z900RS/Z900RS CAFE用フレームキャップ
S/M/Lセット6個入

フレームホールを美しくドレスアップ。水滴やホコリの侵入を防ぐフレームキャップ。アルミ削り出し。レーザーマーキング。Oリング付属。カラー:スレートグレー(アルマイト仕上げ)。S/M/Lセットは14,000円(税別)。キャップ2個/Oリング2個のSサイズは4,200円(同)、Mサイズは4,800円(同)、Lサイズは5,800円(同)。


’18~’19Z900RS/Z900RS CAFE用
ST-1Mカムシャフト

ST-1Mカムシャフトは、コントロール性の良さとパワー・トルクUPの両立を実現。特に中回転域からピークまで、太くなったトルクを感じながらの圧倒的な加速が続く。ST-1Mカムシャフトは、カム素材を削り出して製作したパーツ。削り出しは高精度と設計自由度の高さが特徴で、Z900RS用カムシャフトも中心部を大口径中空加工する事により軽量化が図られており、レスポンス向上と共にカム周辺パーツへの負荷も軽減させている。134,000円(税別)。


’18MT-03/’17CBR250RR/’18Ninja250/’14~’19YZF-R25/’14YZF-R3/’15GSX-S1000
他用ブレーキレバーガード

レースレギュレーションでも装着が義務付けられるようになったセーフティパーツ。バーエンドから伸びるベースパーツはアルミ削り出しで、ヨシムラロゴをレーザー刻印。先端の樹脂アームにはヨシムラロゴをエンボス加工。アルミと樹脂のハイブリット構造にすることで、強度の確保と軽量化を両立。また万が一の破損でも各パーツの交換が可能。レッド/スレートグレー/ゴールドのアルマイトカラーをランナップ。ハンドルバー内径14~15.5mmに対応したφ14用と、16~18.7mmに対応したφ16用をラインナップ。幅広い車種に対応。12,000円(税別)。


’17~GSX-R1000(ABS)/’17~GSX-R1000R
ヨシムラ ステップKIT X-TREAD

走る、止まる、曲がる、という基本性能を高い次元で実現したスーパースポーツマシンGSX-R1000/Rに“操る”楽しさを追加。5つのポジション調整が可能で、ベアリングを組み込んだペダルや、特別な切削加工を施した固定式ステップバーは、様々な走行シーンでライダーの動作をダイレクトに車体に伝えてくれる。後12mm×上20mm/後12mm×上30mm/後12mm×上40mm/後24mm×上30mm/後24mm×上40mmの5ポジション。66,500円(税別)。


サーキットパラソル

ヨシムラスズキMOTULレーシングチームにも使用されるパラソル。モータースポーツ観戦のほか、雨傘・日傘としても使用可能。サーキットにも馴染むデザイン。一般的な雨傘サイズ(100~120cm)よりもゆとりのある直径130cmサイズ。持ち手は握りやすい形状を採用。強風や大雨時のホールド感に優れている。親骨と中棒の素材にはグラスファイバーを採用、一般的なアルミやスチールに比べ耐食性・柔軟性・軽量性に優れている。4,000円(税別)。


YOSHIMURA×KUSHITANI
ウインターテックジャケット

エンボススラブ調柄のソフトな防風3レイヤー素材を採用し、運動性に優れたスポーツモデル。配色のステッチ使いやストレッチ性を妨げないフラットシーマがアクティブな印象に。素材:表=ポリエステル100%、裏=ポリエステル100%(メッシュ)。サイズ:M~XL。カラー:ブラック。クシタニオプション装着可(K-4360等装着可)。43,000円(税別)。


YOSHIMURA×KUSHITANI 
ウインターミッドジャケット

スムース防風素材のインナージャケット。ストレッチ性があり、レイヤード時も運動性を妨げない。親指を通せる長めの袖丈で手首までカバー。単体で着用できるデザインなので、普段使いにも便利。素材:ポリエステル87%、ポリウレタン13%(透湿防風フィルム3レイヤー)。サイズ:M~XL。カラー:黒。機能:撥水素材/透湿/リフレクト/防風/エアーダクト。19,000円(税別)。

ヨシムラジャパン
https://www.yoshimura-jp.com/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。