11月10日までイタリアのミラノ国際展示場で開催されるEICMA(ミラノ国際モーターサイクルショー)2019の開幕に先立ち、ドゥカティは3機種のニューモデル、5機種のニューバージョン、3機種のE-bikeを含む最新2020年モデル・ラインナップを「ドゥカティ・ワールド・プレミア2020」と題されたイベントで発表。

世界71か国の主要ドゥカティ・ディーラーから参加した1,000人以上が見守る中、注目を浴びたニューモデルはパニガーレV2、パニガーレV4の新バージョン、そしてストリートファイターV4。

パニガーレV2は洗練された慣性プラットフォームをベースにした電子制御システムを搭載。快適なシートとサスペンション設定により、これまで以上に楽しい走りと扱い易さを実現しながら、より安全性の高いスポーツ・パフォーマンスを提供するという。最新の環境規制であるユーロ5に適合した 995ccのスーパークアドロ・エンジンは最高出力155ps@10,750rpm、最大トルク104Nm@9,000rpmを発揮。片持ち式スイングアームが外観の特徴となっている。

世界中のユーザーとスーパーバイク世界選手権(SBK)から得られたフィードバックやデータをドゥカティおよびレース部門であるドゥカティコルセのエンジニアが徹底的に解析、パニガーレV4は2020年モデルとして数多くの改良が施された。エアロダイナミクス、シャシ、電子制御システム、ライド・バイ・ワイヤのマッピングに対する一連のアップデートが実施され、よりユーザーフレンドリーで快適性が向上する一方で、サーキットでは、個々のラップだけでなく、セッション全体でさらに速いラップタイムを刻むことが可能に。

パニガーレV4をベースにフェアリングを取り除き、高くワイドなハンドルバーを装着するストリートファイターV4は、世界中のファンが待ち望んでいたネイキッド・バイク。最高出力208psを発揮する1,103ccのデスモセディチ・ストラダーラ・エンジンを搭載、車両重量はSバージョンで車両重量は僅か178kgに仕上げられたことで、パワー・ウェイト・レシオは1.17を達成。また、ドゥカティコルセが培ってきた高度なエアロダイナミクス技術を投入した“バイプレイン”と呼ばれるウイングは、270km/hの速度で28kgのダウンフォースを発生、高速時におけるフロント・ホイールの浮き上がりやウィリーの傾向を抑制するという。

ストリートファイターV4

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。