10月6日に決勝が行われた2019 FIMロードレース世界選手権シリーズの第15戦タイGPにおいて、最高峰のMotoGPクラスでマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が優勝。全19戦のシーズン終盤前、早々にシリーズ・チャンピオンを決めた。自身にとって4年連続・6回目(125ccクラス、Moto2クラスを含めると8回目)のライダース・タイトルとなる。


マルケスは今シーズン、開幕戦カタールGPの2位に続き、第2戦アルゼンチンGPで優勝と順調な滑り出し。初開催の2013年から6年連続ポール・トゥ・ウインという得意中の得意であった第3戦アメリカズGPではまさかの転倒リタイアに。しかしその後は優勝8回、2位4回とすべてのレースで表彰台に登壇する安定した戦績でポイントを重ねる強さで、4戦を残してのタイトル獲得となった。


今年26歳の彼は2013年にMotoGPクラスにデビュー、史上最年少チャンピオンを獲得。翌2014年は開幕10連勝を含む年間13勝で2年連続チャンピオンに。2015年は現チーム・メイトであるホルヘ・ロレンソ(当時ヤマハ)にタイトルを奪われるも、2016年からは4年連続でタイトルを獲得。
第15戦タイGP終了時点でポールポジション獲得61回(史上1位)、通算53勝(史上4位)を挙げている。

また、マルケスのタイトル獲得により、ホンダは2019年世界選手権の最高峰クラス(ロードレース、モトクロス、トライアル)で2016年以来2度目となるライダース・タイトル獲得となった。

マルク・マルケスのコメント
「今年もHondaとともに世界チャンピオンになることができて光栄です。2019年は自分にとって、最も一定したパフォーマンスが出せた一年です。必要な時に踏ん張ってこのレベルで戦えたのは、Honda、そしてチームの素晴らしい仕事のおかげです。世界選手権参戦60周年を迎えたHondaのためにMotoGPタイトルを獲得できたことを誇りに思います。関係者の皆様、そして今シーズンもずっと支えてくれたファンに感謝しています」

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。