スペインのイビサ島で開催されたサッカーで言えばワールドカップ、テニスで言えばデビスカップのようなイベント 、トライアルの国別対抗世界選手権「2019 FIM TRIAL DES NATIONS」(トライアル・デ・ナシオン)で、日本代表チームが出場19か国中、2位表彰台を獲得した。

藤波貴久(Repsol Honda Team)、小川友幸(TEAM MITANI Honda) 、黒山健一(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)で挑んだ今回、王者スペインには一歩及ばなかったものの、“史上最強”3選手の素晴らしいチームワークにより強豪イギリス、フランスを抑える快挙であった。

藤波貴久のコメント
「とてもうれしいです。スペイン代表は打ち負かせない存在だと思うので、僕らにとっては2位は勝利に匹敵する結果だと思います。僕らは一生懸命にトライアルに取り組み、最終的に2位となりました。とても幸せな気分です。世界選手権で3位になり、今日は2位。すばらしい一年になったと思います。これまで以上に幸せな気分です」

小川友幸のコメント
「今大会は、ものすごく自分の調子もよくて、日本代表チーム3人のチームワークもものすごくよかったので、最終的に2位を取れたことは、ものすごくハッピーなことです」

黒山健一のコメント
「昨年、日本代表は4位になり、表彰台を逃してしまったのでそれが非常に残念でした。今年、(表彰台を)奪還したかったし、2位以内を狙っていたので、それがかなえられて非常にうれしいです」

2019 FIM TRIAL DES NATIONS 結果 
1位 スペイン 
2位 日本
3位 フランス
4位 イギリス
5位 イタリア
6位 ノルウェー

一方、オランダのアッセンで開催されたモトクロスの国別対抗世界選手権「MONSTER ENERGY FIM MOTOCROSS OF NATIONS 2019」(モトクロス・オブ・ネイションズ)は成田亮、大塚豪太(負傷の能塚智寛に代わって参戦)、富田俊樹の日本代表チームが雨の中、強豪国相手に健闘するも総合29位(出場34か国)という結果に終わった。

FIM MOTOCROSS OF NATIONS 2019結果
1位 オランダ
2位 ベルギー
3位 イギリス
4位 エストニア
5位 フランス
6位 アメリカ

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。