「2019“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース公式Blu-ray/公式DVD」

メーカー直系3チームによる緊迫したバトルがレース終盤まで続いた今年の鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)は、これまで前例のないドラマを生んだ。トップを走る♯10カワサキ・レーシング・チーム(KRT)のジョナサン・レイが残り時間約2分の時点でコントロールラインを通過。無事に走り切ればゴールというラストラップのS字コーナーでオイルにのって転倒、直後に赤旗レース終了に。TECH21カラーの復活で話題をとなった♯21ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが暫定優勝となるが、審議の結果、KRTが26年ぶりとなる二度目の優勝となった。また、世界耐久選手権(EWC)の2018-2019シーズンは、急遽参戦を決め12位でチェッカーを受けた♯11チームSRCカワサキ・フランスがシリーズチャンピオンを獲得している。

そんな二輪ロードレース日本最大級のイベントである“真夏の祭典”こと鈴鹿8耐の今年の戦いの模様を丸ごと詰め込んだ公式ブルーレイ、DVDが今年もウィック・ビジュアル・ビューロウからリリースされる。鈴鹿8耐決勝のみならず、鈴鹿4耐決勝ハイライトも収録。ブルーレイ版には特典映像として決勝レース直後のトップ3チームによる記者会見(14分)もあり。

非売品の鈴鹿8耐オリジナルステッカーを封入。ブルーレイは4,750円(税別)、DVDは4,000円(同)。 9月21日(土)より先行発売、9月30日(月)より一般発売。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ

◆公式SNSにて更新情報をお届けします!