1/12 マスターワークコレクション (完成品) No.165 ヤマハ YZF-R1M 2018

“ワインディングロード最速”を開発コンセプトに掲げ初代モデルが誕生、2018年に20周年を迎えたヤマハのスーパースポーツバイク・YZF-R1。その後も進化を続け、2015年には“サーキット最速”を目指してフルモデルチェンジ。中でもスペシャルバージョン・YZF-R1MはMotoGPで培ったヤマハの技術をおしみなく注ぎ、最高出力200馬力を発揮する998ccエンジンを有効に使い切るため、ライディングを支援する様々な電子制御デバイスを搭載、カーボン製カウルなどを装備する。

そんな YZF-R1Mの2018年型を1/12スケールのプラスチックモデル組み立てキットに続き、マスターワークコレクションとして高品質な完成モデルが登場。 リッターバイクとは思えないコンパクトで引きしまった車体を忠実にモデル化、水冷4気筒DOHCユニットも精密な仕上がり。エンジンやスプロケット、チェーン、ボルト類にいたるまで繊細な塗り分けが施される。調色と重ね塗りにより実車に近い色調を再現。前後のタイヤはトレッドパターンもリアルな質感ある合成ゴム製。

展示用スタンド付き。パッケージのままディスプレイできる、ウインドウパッケージを採用。全長172mm、全幅68mm、全高97mm。16,800円(税別)。

タミヤ

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。