8月6日(火)13時にオープンする「バイカーズパラダイス南箱根」(静岡県田方郡函南町桑原1348-2)は、“人が出会い、語らい、情報交換をするコミュニティの場の提供”と“地域活性化”を目的にオートバイ文化を発信する日本初の新形態ドライブイン第1号店。

200席を備えるカフェでは“こだわり”のスペシャルコーヒーや紅茶といったドリンク類、軽食を提供。多くの来場者が見込まれる休日などは屋外にキッチンカーも出動。“50km先からも寄りたくなる”というインスタ映えする レストルーム&パウダールームも見どころ。

9月からはレンタルバイクサービスも開始、初となる箱根道往復1時間レンタルバイクプログラムが特徴に。他、テーマに沿ったバイクの展示、メカニックやプロレーサー、ジャーナリストを招いた話し相手のサービス、プロカメラマンによる撮影サービスなども予定。さらにオートバイメーカーのイベントを積極的に受け入れ、成熟したオートバイ市場の活性化と、運転者の技術とマナー向上をサポートする一方、社会との共生を目指し、定期的な交通遺児チャリティイベントも実施していくという。

アクセスは東京都心より85km、湯河原パークウェイ料金所の目の前(旧・湯河原峠ドライブイン)。
駐車場はバイク300台、クルマ10台で、Gate Cost(施設運営協力費)は二輪/三輪500円(1台/1日)、普通四輪2000円(1台/1日)。営業時間は9時~18時(平日)、7時~18時(休日)。

バイカーズパラダイス
https://www.bipa.jp/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!