トライアンフモーターサイクルズジャパンは、トライアンフの最新型ファクトリーカスタム「新型 Rocket 3 TFC」の詳細を発表。日本では2019 年冬頃の発売を予定しているという。メーカー希望⼩売価格は3,250,000 円(税込)。

TFC(トライアンフ・ファクトリー・カスタムシリーズ)の第2弾となる 2019 年モデルの 新型 Rocket 3 TFCは、量産二輪車としては世界最大となる最新型の 2,500cc トリプルエンジンを搭載。170PS以上の最高出力、そして量産二輪車の中で最も高い221Nm 以上の最大トルクを発揮。前世代より 40kg 以上の軽量化を達成したことで、これまで最も強力なトライアンフを実現している。

筋肉質な存在感を放つ外観はツインLED ヘッドライト 、3連スカルプテッドエキゾーストヘッダーパイプ、片持ち式スイングアームなどのシグネチャーデザインが特徴。より高度な機能を備えた第 2世代TFTディスプレイ、最適化されたコーナリングABS およびトラクションコントロール、4つのライディングモード、トライアンフシフトアシストも採用される。

世界限定750台生産となり、各車にはそれぞれ固有のシリアルナンバーが入ったプラークとバッジも備わる。

◆公式SNSにて更新情報をお届けします!